ブログ移転を考え中~

f:id:riekosan1204:20190201151905j:plain

このブログ、フリーペーパーtaneの発行日(2ヵ月に一回)にしかUPしない状況になってきてしまいました。

★フリーペーパーtane新作「よろんと、LOVE」(2/1発行)出来ました!

 

以前は「ヨロン島~奄美群島の一番はじっこ~」というブログをやっていました。

そこでは自分の体験談や島の生活をネタに書いていました。

大元サイトが閉鎖にあたり、こっちを新たに立ち上げたのですが、ちょうどtaneの発行と同時期だったため、

「このブログはtaneの雰囲気でいこう」と決めて、taneの雰囲気を壊さないようにと思っていたら…

 

全然進まない…(苦笑)

 

 

taneは女子向けを意識して作っているのですが、そういえば前のブログはおっちゃん受けが良かったんですよねぇ。

あとは女子というか、女子よりももうちょっと年代上の方々に…。

 

つまり、私が素のまま文章を書くと、中高年に受けがいい文章になる。

 

…ということなのかなと今さらながら自己分析。

studio pancoさんの写真の雰囲気みたいなおしゃれな感じで発信していきたかったのに、それではネタが続かない自分がかなしい。

 

シマノマ自体、4月の春以降ちょっとリニューアルします。

フリーペーパーtaneは引き続き制作していきますし、やっていく内容は変わらない部分が多いのですが、もう少しデザイン事務所っぽく変身します(予定)。

そこで、HPなども作って、ブログもそっちに作ろうかなと考え中。

 

ある日突然、このブログがなくなっているかもしれませんが、その時は「シマノマ」で検索してくださいね。

フリーペーパーtane、神社特集

f:id:riekosan1204:20181217115741j:plain

隔月発行のフリーペーパーtane

12月、今年最後の旅は、与論島の神社めぐりをしてきました。

 

みなさんは、新しい年に向かっていかがお過ごしですか?

シマノマは、小さな変化・大きな変化、これからへの期待などなど、ちょっと慌ただしい日々です。

心穏やかに新しい年を迎えられますよう、残り少ない2018年をがんばりましょう!

フリーペーパーtane、新作できました。

f:id:riekosan1204:20181017093136j:plain

taneの新作ができました。

設置店はこちら↓に随時更新しています。

shimanoma.hatenablog.com

 

ヨロン島観光協会のページでも紹介いただける予定です。

与論島の種が広がっていきます♪

台風でシェアオフィス化しています。

f:id:riekosan1204:20181004164233j:plain

2週連続、台風の与論島です。

今現在、風の音がびゅーびゅー。

シャッター閉めているので音でしか外の様子を判断できず。

どの程度の影響が出るか分からないので、今日は早めに閉店させて頂きました。

 

そんな中、台風で思わぬ展開を迎えています。

台風からあとの1週間、シマノマのお客さまが増えました。

ご新規さまも多数。

子ども、高校生、主婦にリモートワークのお客さま。

なぜかというと・・・

 

与論島は場所により、停電が続きました。

電話線も被害にあったようで、ネットが繋がらない場所もあります。

私の家も停電していたのですが、ダンナさんの実家が自家発電機を持っていたので、そこで携帯電話の充電をさせてもらったり、冷蔵庫の中身を避難させてもらいました。

いち早く停電が解消されたダンナさんの叔母さんの家で、お風呂も入りに来ていいよと言ってもらいました。

本当にありがたかった。

 

島に移住して、独身のままだったらレベル1で武器も装備も何もない状態だったと思うのですが、助けてもらえる人脈が出来て一気にレベル10くらいになった気分。

 

助けてもらうばかりだなぁと思っていたところにダンナさんが

シマノマで携帯電話の充電させてあげたら?」というナイス提案。

そこで、島の情報局をしてくれるアジィズさんにも相談して、

「携帯充電できますよ」「Wi-Fi使えますよ」と呼び掛けてみたんです。

 

そうしたら・・・・・

 

来ました。

お客さん。

知り合いやその友人、高校生、名前も知らない島の人。親子で3台とか。

 

そして今は、ネットが使えないメンバーが、終日シマノマで仕事をされています。

これは、もしや・・・シェアオフィスってやつではないか!という状態です。

都会っぽい!!

 

シマノマは公共性の高いフリースペースとして発進しています。

今後(来年3月以降)の運営をどんな形で継続していこうか悩んでいるところです。

形態を変えて、茶花の町中(今の場所)からは撤退しようという方向に傾いているのですが、今回のようなことがあると

「やっぱり、こういう場所は必要かなぁ」と思って、また悩んでしまいます。

 

今回の台風でも停電が予想されます。

台風の影響でお困りの方へ、シマノマを引き続き、無料開放しますのでご利用ください。

 

ではでは、台風25号、大きな被害がありませんように。

フリーペーパーの最新号の到着も、台風明けかな~。

 

 

 

本、貸します。

シマノマでは台風の間、本の貸し出しをします。

f:id:riekosan1204:20180928133456j:plain

       『アイランド』(森瑤子)・・・与論島が舞台になった恋愛小説。

 

書かれたのは30年くらい前。その当時に未来を想像して書かれています。

今、森瑤子さんが生きていらっしゃったら、現代をどんな風に感じるのかなぁ。

 

★森瑤子さんの別荘は、Yoron Seaside Gardenとして一般のお客様にも開放されています。

かわいいお客さま

Community Place シマノマは、いろんな使い方ができます。

 

打合せや気軽なセミナー、DVD上映、モノづくりイベントなどに利用頂きました。

 

今回のお客さまは、taneのカメラ担当・Studio Pancoさん。

シマノマの壁はプロジェクターのスクリーンに使えるよう、真っ白にしているので、写真撮影にも◎。スタジオ代わりに利用されました。

 

↓モデルは別の子ですが、付き添いの男の子。

 f:id:riekosan1204:20180810103957j:plain

待っている間、大島紬の機織り機が遊び道具になりました。

 

この機織り機は、今の機械たちと違って、構造が全部見えているにもかかわらず、ここからどうやって布が織られていくのか、まるで分かりません。

これは何の部品だろうね、と一緒になって触りながら、機織り機研究しました。

正解はわかりませんでしたけど^^;

機織り機を譲ってくれた方に教えてもらわなきゃ。

 

f:id:riekosan1204:20180810110204j:plain

横から見るとこんな感じ。

最初の写真の子とお兄ちゃん。様になってます。

糸がセットされていたら、お兄ちゃんくらいの年頃なら機織り体験できたろうな。

糸がセットされたら、また遊びに来てほしい。お待ちしています♪

 

一昔前は、どの家庭にも、機織り機があって、お母さんが子どもたちの着物を織っていたそう。

トントンカラリの音色が、島のあちこちから聞こえてきていたのかなぁ。

 

                *

 

シマノマの場所貸しに、費用は定めていません。

 「持ち物をシェアする時代」と、ニュースで取り上げているのを見ました。

共有することで生まれる面白さや、新しい出会い・発見があると私も感じます。

 場所貸しをした方から、ご厚意で頂き物をしたり、募金箱にいれて頂くことはありますが、よほど難しい相談でなければ、自由に利用頂きたいと思っています。

私がいなくても勝手に出入りしてもらえる仕組みの方が、利用する側も気楽かなとも感じています。

 

今後、そんなことも考えていきたいと思います。

 

 

シマノマが誰にも自由に、気軽に使える地域の場所になっていけたら嬉しいです。